外装まるごと耐震リフォーム

外装まるごと耐震リフォームご存じのとおり日本は地震が多い国です。いつどこで起きてもおかしくありません。何もない今だからこそ、大切な住宅の耐震について考えてみませんか?

地面の揺れを受けて建物が揺れる大きさ(応答加速度)は、地面の揺れの大きさ(地動加速度)より2.5~3倍大きくなると言われています。
例えば、地面の揺れが400gal(「gal」は加速度を示す単位)だった場合、建物の揺れの大きさは、その2.5~3倍ですから1000~1200galにもなります。この大きさは、家の重さとほぼおなじ力で家を揺らすということになります。

この結果から言えることは同じ揺れでも、屋根や外壁などが重いと揺れが大きくなり建物にかかる負荷が大きくなり、建物が崩れやすくなります。
つまり、建物を軽くする、屋根や外壁などに使用する材料を軽軽量化、減震・補強することで、建物にかかる負荷を軽くし、建物を崩れにくくすることが可能です。

屋根工事のご紹介

屋根を軽くして減震する

alignright屋根が重いと建物の重心の位置が高くなります。重心の位置が高くなると揺れが大きくなります。重い屋根材を使用した建物は大きく揺れますが、軽い屋根材を使用した建物は、揺れも小さくすることが可能です。

軽量の屋根材として挙げられるのが金属屋根ですが、日本建総で取り扱っている金属屋根は軽量だけではなく、耐風・高耐候・高断熱仕様となっています。

◎軽量瓦屋根 … 従来の瓦よりも数十パーセント軽量化したガルバリウム鋼板を使用した瓦で、軽いだけでなく衝撃にも強い瓦です。
取扱店が少ないガルバリウム鋼板を使用した軽量瓦屋根を日本建総では取り扱っています。
耐震性も耐久性に優れた屋根にしたいけど、日本瓦の風合いを保ちたいという方は、お気軽にご相談ください。

◎超軽量金属屋根… 超軽量金属屋根の代表的なのがガルバニウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板を使用した超軽量屋根の特長

ガルバリウム鋼板を使用した超軽量屋根の特長・薄くて・軽い … 1㎡あたり厚さ0.35mm、重さは5kgと和瓦の10分の1の軽さです。
・サビにくい … コーティングにフッ素材を使用しているので、他の金属屋根よりもサビにくい。
・優れた断熱材を使用 … 使用されている「断熱材ポリイソ仕様」は、通常使用しているウレタンよりも熱や湿気で劣化しにくく、その性能からロケットの断熱材にも使用されています。また、断熱材ポリイソ仕様は遮音性にも優れており、金属屋根特有の問題でもある雨音の悩みも解消します。

ガルバリウム鋼板を使用した超軽量屋根の特長

外壁工事のご紹介

外壁を補強して耐震

外壁を補強して耐震◎超軽量金属サイディング … モルタル、軽量コンクリートに代わり、近年の住宅外壁の主流となっている「サイディング」。窯業系・木質系などがある中で、特に耐震性に優れているサイディングが、超軽量金属サイディングです。

同じサイディングでも材質が違うだけで、こんなにも違う

金属系(アルミ)・金属系(ガルバニウム)・窯業系のサイディングを同じ厚さ15mmで1平方メートル当たりの重さを調べたところ、
アルミは約2.1kg
ガルバニウム約3.8kg
窯業系が約15kg
これだけでも重さの違いが分かりますが、実際の建物(40坪(約200㎡))に使用するサイディングに換算すると…。
アルミ420kg
ガルバニウム760kg
窯業系3,000kg
その差は一目瞭然ですね。

金属系サイディングは20年保証で、デザインも豊富、断熱だけでなく耐久性にも優れたサイディングが増えつつあります。
特にアルミサイディングは、アルミが下地になっているのでサビることがなく、耐久性も優れていますので、地震ことを考え重ね張りリフォームを検討されている方は、耐震性・耐久性・断熱性などに優れた金属サイディングをお選びください。

垂木にも安心できるものを使用

弊社では、皆さまに安心してお住まいいただくために外壁サイディングだけではなく、既存の壁に重ね張りで使用する下地の垂木にも最善を尽くしております。これまで垂木は腐ってしまうことがありました。弊社では次世代の腐らない下地材を使用し金属サイディングを張っています。お客さまがリフォーム会社にご依頼するさいは、外壁に何を使用するかだけではなく、下地の施工方法も聞いた上で依頼することをおすすめします。

安心保証付き

日本建総で屋根・外壁の耐震施工していただくと、20年以上メンテナンス不要で安心して暮らすことができます。
20年もメンテナンス不要って信じられないかもしれません。不安に思われる方のために日本建総では、ご依頼があれば20年経過しても色あせていない屋根・外壁をご紹介いたします。

保証が25年、基材保証が30年の屋根材もありますので、耐震リフォームをご検討中の方は、ぜひ、日本建総にお問い合わせください。

リフォームを依頼する際は、ここに注目しましょう。

注意していただきたいのは、金属屋根にはさまざまな屋根材があります。早いものでは5年で色があせてきてしまう金属屋根もありますので、気になる屋根材がありましたら、「10年前に施工した屋根を見せてください」とお願いし、可能であれば施主様にも会わせてもらいたいとお願いしてみるといいでしょう。「厳しいです」「お客さまに聞いてから」と慌てる業者は注意が必要です。本当に自信を持って良い工事をしているのであれば、いつ訪問しても喜んでいただけるはずです。

対応地域:埼玉県全域 外装工事は関東全域相談可 日本建総株式会社
お問い合わせフォームはこちら

最新チラシ情報

最新チラシ

コンテンツメニュー

  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • 内装リフォーム
  • 耐震リフォーム
  • 蔵リフォーム
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • お客様の声
  • よくある質問
  • パパ・ママ応援ショップ
  • リフォームネット
  • LIMIA
  • あんしん処理サポート
  • 住宅ローン見直し0円リフォーム
  • お悩み・緊急対応・住宅診断・定期点検24時間365日ご支援
  • (C)日本建総株式会社 All Rights Reserved.